スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ExcelがSKU011.SUBが見つからないので使えません

今回はいつにもまして古めかしいネタです。
しかもExcel2003に限定されるという・・・何年前のトラブルですか、と思わず自分で突っ込みました。

ある日、うちの職場に新しく配属された人からヘルプコール。

「突然Excelが使えなくなったんです!他のWordとかは問題ないのに・・・私、何かしましたか!?」

あ、いや、その、見てみないとわかんないんで・・・( ̄△ ̄;)
取り急ぎ現象が起きたパソコンを見て、見た瞬間にorzとなりました。

そうだった・・・このパソコン、Office2003だ・・・!

うちの職場のパソコンはほとんどがOffice2007なのですが、時たま2003が突っ込まれてます。
実は2003が入っていたおかげで助かったことも一度や二度じゃないのですが・・・まぁそれは別記事で。

とにかくExcelだけが使えないということなので、ためしに開いてみると。

『インストール エラー: ファイルが見つかりません
必要なインストール ファイル SKU011.CAB が見つかりませんでした。

必要となるオリジナルのインストール ソース:

CD からプログラム名を指定してインストールした場合は、CD を挿入します。コンピューター ネットワークからプログラム名を指定してインストールした場合は、ネットワーク上のインストール ソースを参照します。インストール ソースが見つかったら、[OK] をクリックします。』

キャプチャ取るの忘れてました・・・うぅむ。
しかしまぁ、何だこりゃ?

佐伯「ふぅん、それでこれは何なんだい?」

そうだねぇ・・・
インストールCDを入れろって書いてあるだけマシだけど、あいかわらずこういうエラーメッセージって不親切だよなぁ。こんなん見てすぐに全文理解できる初心者はどれぐらいいるんだか。最近はよくわからないままパソコン使う人が大部分なんだからちょっとは初心者に優しくお願いしますよマイク○ソフトさん。
いつものボヤキが終わったところで、いらっしゃい六角の佐伯くん。

佐伯「やぁ。関係ないけど、なんか最近の記事は君のぼやきが多くないかい?」

え、あ、いやそのそれはそのごにょごにょごにょ。
まぁまぁまぁ細かいことは気にせず、このエラーメッセージ見て何のことかわかるかい?

佐伯「うぅん・・・何かのファイルが見つからないっていうのはわかるけど、いまいちわからないな」

ですよね。まぁ正直俺もそうなんだったんだけど。
とりあえず簡単に言うとこんな感じ。

『SKU011.CABってのが必要なんだけど見つかんないから、これが入ってるCDか場所教えてくれや』

佐伯「そもそもSKU011.CABって何なんだい?」

知らん。インストールに必要なファイルじゃねぇの。
インストールCD、ねぇ・・・あるにはあるけど、探すの面倒だし時間かかるしなぁ。
とりあえずわからないので、ググってみましたら出るわ出るわ。

Microsoft Office 2003 プログラムを初めて起動するときにエラー メッセージ "インストール エラー: ファイルが見つかりません" が表示される:Microsoftサポート

別に初めて起動するわけじゃないんだけど・・・昨日までは起動してたらしいし。
と思ってたら、こんなのもあった。

SKU011/SKU033:パソコンとアプリケーションの備忘録

ここから引用いたします。

『WebサイトからOffice2003のプログラムを更新するとき、
自動更新でOffice2003のプログラムを更新するときに、
下記のようなメッセージが表示されることがあります。』

あ、更新かかった時も発生する可能性があるんですね。

佐伯「え?更新しただけだろう?」

一言で更新とはいえ、機械ってのはお馬鹿さんなのでちょっとでも変更されると別物と判断することがあるんです。
具体例でいうと、うちのノートン先生はバージョンアップするたびに前は許可していたアプリケーションでも「このアクセス許可していい?」と律儀に全部聞いてくれます。ある程度は自分で判断してくれっちゅーねん。
人間から見ればたかだか一つのファイルが変わっただけでも、機械的に見るとまったく別なんですね。

佐伯「そういうことか。それじゃあどうするんだい?」

そうこうしているうちに別の情報を発見。

Office ダウンロード Web サイトまたは Microsoft ダウンロード センターから Office 2003 プログラムを更新するときに "インストール エラー : ファイルが見つかりません" または "Error 0x51F" というエラー メッセージが表示される:Microsoftサポート

これは更新する時にエラーが出た時の対処ですが、エラーメッセージがほぼ同じ。
参考にしようと思ったら対処法が複数ありますな。

方法 1 : プログラムの初回インストールに使用した元のソースを適用する
これはインストールCDが必要だから後回し

方法 2 : Office ダウンロード Web サイトを使用する
これは更新を別の方法でするやり方なのでパス

方法 3 : Microsoft ダウンロード センターを使用する
これも方法2と同じ理由でパス

佐伯「うーん・・・やっぱりインストールしたCDが必要みたいだね」

だね。仕方ない。ちょいとサーバ室を漁るか・・・と漁ってインストールCDを発掘。
しかし困ったことに数枚発見されてしまったため、プロダクトキーを確認するためWordを開いてキーの確認。

佐伯「ぷろだくときー?」

あぁそうそう。これは重要なので別記事にします。
調べてみたけど、これ!というのが見つからなかったんだよね。

とにかく、プロダクトキーが一致することを確認してからCDを挿入する。が。

『インストール エラー: ファイルが見つかりません
必要なインストール ファイル SKU011.CAB が見つかりませんでした。

必要となるオリジナルのインストール ソース:

CD からプログラム名を指定してインストールした場合は、CD を挿入します。コンピューター ネットワークからプログラム名を指定してインストールした場合は、ネットワーク上のインストール ソースを参照します。インストール ソースが見つかったら、[OK] をクリックします。』

あんだとグルァー!!ちゃんとCD入れたやんけー!

佐伯「まぁまぁ・・・君って怒ると方言出るね」

根は関西人で九州弁まで使えるからな・・・さておき、これは困った。どうしようかな。
そこで最初のMicrosoftサポートに戻ってみた。

んー・・・お。さらに下に別の詳細がある。
何なに、『ローカル インストール ソース ツールの使用法』だとぅ?

佐伯「ローカルインストールソース?何だい、それ」

さぁ・・・リンク先の説明にはこうあります。

Office 2003 ツール: ローカル インストール ソース ツール:Microsoft Download Center

ここの全然簡単じゃない簡単な説明によると

『ローカル インストール ソース ツールは、Microsoft Office 2003 が稼動しているコンピュータ上のローカル インストール ソース (LIS) を管理するためのウィザードです。』

佐伯「・・・悪いけど、本当に全然簡単じゃないね」

どちらかというと簡潔と言うべきか・・・簡潔すぎて簡単に理解できんぞ。

わかりやすく言うなら
『Office2003が入ってるコンピュータのインストールプログラムを管理を簡単にするための機能です』
・・・・・・・・ごめん、わかりやすくない。全然わかりやすくない。

佐伯「まぁそこまで落ち込まないで。これを使えばいいのかい?」

そうらしいです。使い方は冒頭にあげたサポートページに詳しく書いてあるんだ・・・が。

佐伯「が?」

実行する最中でまた同じエラーが。また同じようにインストールCDを入れても同じエラー。

あんだとグルァー!!ちゃんと(省略)

佐伯「あはは。困ったね。これじゃどうしようもないよ」

と、実はここで時間切れ。この時は仕方ないから前の日に作成された復元ポイントに戻ったんです。
うぐぐぐ、納得いかん・・・!

佐伯「まぁ時間にも限りがあるし、仕方ないか。それで?これで終わりじゃないんだろ?」

サエさんが言うと無駄にさわやかにかっこいいなぁ・・・まぁ、当然終わりじゃないです。
後で調べてみたら、どうやら回避方法があるようです。

SKU011.CABが無いって。:才覚インフォマニア

ふぅん、レジストリいじってCD入れろエラーを出さないようにするわけね。
この方は別の症状の対処で別のプログラムを実行しようとしているけど、たぶん同じだろう。

佐伯「ごめん、れじすとり・・・って何だい?」

レジストリいじるのにレジストリの意味がわかんないなら、わかる人に任せた方がいいよ。
一応参考ページは掲載しときます。

レジストリ:パソコン初心者講座

以下の作業はレジストリ(システムの根幹)を変更する作業です
最悪、パソコンが起動しなくなるなどのトラブルを引き起こす可能性があります
あくまで作業は自己責任でお願いします


上記の『才覚インフォマニア』様より引用

『1.[ファイル名を指定して実行]を起動し、"regedit"と入力し、[OK]を押す。
 2.HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\11.0\Delivery\{(GUID)XX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX}まで辿っていき、
 3.そこにある、"CDCache"の値を"0"に変更します。』

どうやらこの作業後、さっきのローカル インストール ソース ツールが使えるようになるらしい。
やってみたいものの、人様のパソコンで勝手に実験するわけにもいかないからなぁ。
まぁ次回同じトラブルが起きた時のために覚えて・・・覚えて・・・

佐伯「どうしたの?」

覚えても2003でしか起きないトラブルだったらもう起きねぇよorz
Officeはもう2010、もしくは2007の時代ですよ・・・

佐伯「そうかもしれないけど、覚えておいて損はないんじゃない?もしかして再発するかもしれないし」

ふ、不吉なこと言わんでくれ・・・とりあえず情報ということで公開しておきます。



2012年6月29日追記

たまたま別のPCで同じ症状が出たので、ためしにやってみまたら症状が改善されました。
だ、駄目もとだっただけに驚いた・・・というかさっさと2010に買い替えてくれorz
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分の知り合いが辞めた会社PCで貰ったオフィスソフトで同じ症状を起こし、ディスクが無いとのことだったので、ライセンスキーだけを抜き出し、ダウンロードセンターからの再インストなどを試していたのですが、全然上手く行かず。ここに辿り着きました。。。。

なるほど!2003最悪ダゼ!
CDが無いと無理そうですね。
情報有難う御座いました。

No title

あぁ、レジストリーイジればCDが無くても何とかなる可能性があるんですね。一度試してみます。ありがとうございました!

コメント返信

コメントありがとうございます。
こんな古いネタがお役に立つとは・・・書いた本人がびっくりです。
私は最後まで実践できなかったので、差し支えなければ結果も教えていただけると助かります。

No title

ありがとうございました!どうせ治らないなら、とダメもとで書かれている作業を実行してみたら、、あっさり治りました(^ ^)エラーが出て二進も三進もいかなくなるだけで( ̄_ ̄|||)どよ~んなのに、エラーの内容が理解できなくてこれまた無能ぶりをつきつけられたようで(T_T)やはり素人にはわかりにくいコメントが出るんですね、それだけでも少し救いになりました(笑)作業の2番も素人には(|||_|||)でしたが、想像力をフル回転してなんとか辿りつき、作業終了できました。今日は久しぶりにスッキリ気分でちょっぴり自信をもって過ごすことができそうです(笑)

Re: No title

無事に直ってよかったです。下手にレジストリいじると変なことになる可能性もあるので・・・
素人にはわかりにくいっていうか、たまにプロが見てもわかりにくいコメント出してきますからね。
心の底から「知るかッ!」と叫びながら対処しております。そんなもんです。
Office2003もそろそろ絶滅危惧種ですが、せっかく直ったならぜひ壊れるまで使ってあげてください。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

月影

Author:月影
日本のどこかでITサポートをやっています。・・・のはずだが、最近プリンターやら録音機やら「機械っぽいもの」全般を触るはめになっております。機械っぽいものって何じゃいよ。プライベート・仕事共に基本、富士通PCユーザーです。WindowsXPと7は使えます。根が関西なのでボケ突っ込み過多。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。