スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールの送受信ができません

まだまだまだまだ続くOutlook Expressトラブル祭り。
えぇっと、今回は第三位だっけ?四位?あ、三位か。(覚えとけよ)

第三位
「メールの送受信ができません」

これもよくあるトラブルですが、原因が多岐にわたるので対処が難しい場合もあります。
基本の確認方法はこちら。

Outlook および Outlook Express で電子メールを送受信しようとしたときに表示されるエラー メッセージのトラブルシューティング:Microsoftサポート

いろんな方法がありますが、注目すべきはここ。

『これらのエラー メッセージが表示される原因として最も多いのは、インターネット接続に問題がある場合と、Outlook や Outlook Express でアカウントが正しく設定されていない場合です。』

これの切り分けは簡単です。インターネット(ホームページ)が使えるかどうかを確認するだけ。

ホームページが見られた→メールのどこかがおかしい
ホームページも見られない→インターネット接続がおかしい

と、こんな感じ。これなら誰でも簡単です。
さて、今回はインターネットは接続できるけど、メールだけが使えない場合に絞りましょう。


前回が柳くんに跡部様と豪華な方々だったので、たまには普通の人を・・・と考えて思いついた常識人代表。

大石「常識人代表と言われると、なんだか微妙な気分になるなぁ」

あ、これ私にとって褒め言葉です。決して常識人代表→苦労人→卵頭の副部長というわけではありません。えぇ、決して。

大石「・・・帰っていいかい?」

あぁぁぁぁぁごめんなさいごめんなさい私が悪かったです帰らないでくださいorz

大石「はぁ、やれやれ。で、何をすればいいんだい?」

あ、そうそう。OEでメールの送受信ができない(ネットは使える)っていう話でした。
とりあえずこちらを参考に。

[Outlook Express] メールが送受信できません。:富士通Q&A

引用します。

『次の項目を順番に確認します。

1.インターネットへの接続を確認する
2.Outlook Expressの起動を確認する
3.エラー番号を確認する
4.ウイルス対策ソフトの動作を確認する
5.メールアカウントの設定を確認する
6.送信と受信を別々に実行して確認する』

今回の場合、Outlook Expressが通常通り起動してインターネット接続もできる状態を想定します。というわけで1と2はパス。
3のエラー番号確認は重要です。エラー番号がわかるなら、エラー番号でググるとだいたいサポートページが出てきます。

そして次にここではあえて「6.送信と受信を別々に実行して確認する」を確認します。これで受信、送信のどちらができないのか、もしくはどちらもできないのか、という切り分けができます。

大石「え?だって送受信ボタンを押したら送信と受信のどちらもできるんだろう?別々にやる必要性がわからないんだけど・・・」

じゃあさ、大石くんが青学のお父さん手塚部長に「机に置いてあるテニスボールとラケットを片づけてくれ」って頼まれて、机にテニスボールしかなかったら?

大石「質問の意図がいまいち読めないけど・・・とりあえずボールだけ片づけるな」

それと同じことで、Outlook Expressに「送受信(送信と受信)をしろ」って頼んでも、送信するメールがなかったら送信しないんですよ。
だからわざわざ「送信しろ」「受信しろ」って指示を分けて、どちらができないか確認するんです。

大石「それでたとえば受信だけできた時は・・・」

送信だけが×、ということになるんです。そうするとまた対処法が変わってくる。当然、逆もしかり。
ちなみに月影の経験則だと「送信も受信もできない」より「受信はできるけど送信ができない」の方が断然多いです。

大石「へぇ、それは知らなかったな」

さて、次に確認するべき点はまたも順番が前後しますが「5.メールアカウントの設定を確認する」です。上に引用した通り、メールのトラブルは設定が間違っていることが非常に多いので。
ただしこの確認。意外に難しい。

大石「確認するだけなのに?」

じゃあ聞くけど大石くん。君、自分の使ってるメールアドレスの受信サーバー名と送信サーバー名とアカウント名とパスワードわかる?

大石「え?い、いきなりそんなこと言われても・・・」

そういうことです。

大石「・・・このやり取り、前にも見た気がするよ」

真田くんとのやり取りですね。つまり設定を確認するには自分の設定がどうなっているかわからないこともあるんです。だいたいパソコンに入っているメールなんて誰かに設定してもらうのが普通ですからね。

大石「そういえば俺もそうだな。パソコンの設定は全部父親がやってくれたと思うよ」

パソコンを買った時に業者にお願いした、とかね。普通なら書類やらメモやらが残っていると思うんですが、うっかりそれも捨てちゃったら設定の確認もままなりません。結局、誰か(アドレスを提供しているプロバイダとか)に聞くしかない。

大石「なるほどね。だから意外に難しい、というわけか」

で、設定は間違っていないのに送受信ができない時は「4.ウイルス対策ソフトの動作を確認する」に移ります。

大石「ウィルス対策ソフトって言ってもいろいろあるだろう?どうやって確認するんだい?」

どうやら送受信に引っかかるウィルス対策ソフトは主にこの4つだそうです。前に紹介したMicrosoftサポートより引用。

『この問題が生じることが判明しているウイルス対策ソフトウェアには、以下のベンダーの製品があります。
•Symantec (Norton)
•McAfee
•Trend Micro (ウイルスバスター)
•Panda』

さらにさらに、ファイアウォールが引っかかることもあるそうです。またもや引用。

『この問題が生じることが判明しているファイアウォール ソフトウェアには、以下のベンダーの製品があります。
•McAfee
•Symantec
•ZoneLabs
•Cisco
•Sygate
•Sonicwall
•Freedom Security Zero Knowledge』

対象が増えてますがな( ̄△ ̄;)

大石「それで、こういうソフトが問題な場合はどうするんだい?」

各サポートに問い合わせてください。だそうです。
まぁこういうソフトは設定方法とかいろんなやり方がありますから、仕方ないでしょう。
よくあるのはウィルス対策ソフトがOutlook Expressを遮断している場合です。これはこちらを参照。

Vistaでメールが使えません。:パソコントラブル出張修理・サポート日記

これはWindowsMailをセキュリティソフトが拒否ってたという事態ですが、メールソフトが違うだけで同じことです。
一部引用すると・・・

『基本的には、勝手に拒否ってしまうわけもないので、更新か何かのタイミングで、改めてファイヤーウォールが「通信しようとしとっとよ、許可してよかですか?」と聞かれて、思わず「遮断」としてしまったのでしょう。』

まぁきっとこんなこったろうと思いますけどね。
月影のノートン先生のバージョンアップしたらInternet Explorerの通信まで許可を求めてきました。自分で判断せいっちゅーねん。

さてさて、それでも駄目な場合。

大石「なんだか大変だね。こんなに手を尽くしても駄目な場合もあるんだ」

パソコンなんてそんなもんですよ。とサポート経験者なら言えるんだが、普通にパソコンを使ってるだけの人は大変だよね。
Microsoftサポートにはその他の対処法も書いてあります。

『方法 3: Outlook をセーフ モードで起動する
方法 4: 新しい電子メール プロファイルを作成する
方法 5: 不審なメッセージをメールボックスから削除する
(中略)
方法 7: Outlook Express を修復する
方法 8: 配布リスト内のすべての SMTP 電子メール アドレスが有効であることを確認する 』

これらの対処をやってみてください。おそらくこの中で簡単にできるのは方法5と8かな。

大石「これだけ見ても俺にはさっぱりなんだけど・・・」

デスヨネー。Microsoftのサポートページを見てもわからないなら、わかる人に任せましょう。正直、これを理解できずにこれらの作業をするのはリスクが高い気がします。
あ、でも方法8は本当に簡単だよ。送信しようとしてる宛先のアドレスが合ってるか確認しろ、って話だから。機械翻訳だから日本語わけわかんないだけ。

大石「それはさすがに俺でもできるな」

ちなみに方法7のサポートページはこちら。

Outlook Express の基本的な修理キット:Microsoftサポート

しかし・・・機械翻訳が暴走したかのように日本語が変です。我慢できなかった月影は英語で読みました。

関係ないけど、機械翻訳って面白いですよね。ざっと読んでて爆笑したのがこちら。

『4.[プログラム] タブをクリックし、Outlook Express が既定の電子メール クライアントと、既定のニュース クライアントを選択します。 その後場合は、変更できる、ウィッシュ。

DAIG○かお前は。
何をどうして最後が『ウィッシュ』になったのか・・・誰か突っ込め。

閑話休題

とにかく、一概に「メールの送受信ができない」と言っても原因は多岐にわたるわけです。

大石「本当にたくさんあるんだね。君はいつもこれを全部やるわけ?」

無理。ていうか、ヤダ。
そのためにエラー番号があるんですよ。だいたいエラー番号でググれば原因と解決方法がわかります。

大石「なるほど。じゃあ今回紹介しているのはあくまで一般的に対処する方法ってわけだ」

そういうことです。
次回からは月影が経験したレアケースをご紹介します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月影

Author:月影
日本のどこかでITサポートをやっています。・・・のはずだが、最近プリンターやら録音機やら「機械っぽいもの」全般を触るはめになっております。機械っぽいものって何じゃいよ。プライベート・仕事共に基本、富士通PCユーザーです。WindowsXPと7は使えます。根が関西なのでボケ突っ込み過多。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。