スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックアップの重要性とその方法

正直、今のところは対岸の火事状態で収まっておりますが、関係ないなんて口が裂けても言えないので書いておきます。
あ、今回も初心者に優しくありません。というかこれ、詳しく説明する気になれない。

6/20に発生した大規模障害に関するお詫びとお知らせ:ファーストサーバ株式会社

ファーストサーバのレンタルサーバーに障害、ユーザーデータの消失も:INTERNET Watch
ファーストサーバ、共有サーバーとVPSサービスで「データ復旧は不可能」:INTERNET Watch
ファーストサーバが大規模障害の中間報告とFAQ、原因は脆弱性対策の不具合:INTERNET Watch
ファーストサーバ、障害の復旧作業において情報漏えいがあったとして謝罪:INTERNET Watch

もう・・・ね。阿鼻叫喚と言うにふさわしい地獄絵図になってます。


これを聞いた時、私が思ったのは「うわ、やりやがった」でした。IT関連の仕事を少しでもやったことがある人は被害の拡大を予想していたと思いますが、ここまで拡大するとは思いませんでした。
幸いなことにうちの職場はファーストサーバを使用しておらず(自前サーバだし)、この障害による被害はありません。が、こういう障害はサーバーに関係する仕事をしている方にとっては被害はなくとも青ざめそうになる事件です。
というかね、いまどきの会社でサーバー関係ないとかいう会社はほぼなかろう。どこだって自前だろうがレンタルだろうが、サーバーを業務で使用しているはずです。

しかしここまでくると管理者は泥沼の奥底に沈んだと思ったら、まだ奥があったみたいな最悪の状況でしょうね。復旧チームの方々、お疲れさまです。と言いたいところだが、客観的に見るとこら酷いわ。
データ消失の被害にあったユーザーは2000ユーザーを超えるとなると、影響を受けるのは5000人どころじゃ済まないでしょう。しかも漏えいまで起きてしまったとなると・・・青ざめるどころか、ぶっ倒れたくなる。

この障害のそもそもの引き金は「脆弱性を埋めるための更新パッチのバグ」だそうですが、データ消失まで起きてしまった原因は多岐にわたります。
中でも大きな原因はこれ。

同一サーバー内にバックアップデータを保存していたこと

とどのつまり、そのサーバーが故障するorデータが吹っ飛ぶと一巻の終わり、です。まさに今の現状。
これはサーバーに限らずパソコンやデジカメにも言えることです。
機械は使い捨てです。いつ故障するかわからないからバックアップを取るんです。そのバックアップを同じ機械の中に保存しても、バックアップの意味はほぼありません。
思わず自分とこのサーバーのバックアップ体制見直しちゃったよ・・・恐ぇぇぇぇ。


とにかくこのニュースの最大の教訓はこれでしょう。

・バックアップはきちんと別の媒体に保存しておきましょう

これは業務だけの話だけではありません。個人の話でもあります。
たとえばパソコンが故障した時、ハードディスクが壊れていたらパソコン自体からデータを取り出すのは絶望的です。(データ救出の業者に頼めば別ですが)
そういう時に備えるためのバックアップです。いざ何かあった時に最小限の被害で済むように、「これがなくなったら泣く」と思うデータだけでもバックアップを取りましょう。

せっかくだし、次回はバックアップ(個人向け)についての記事でも書きましょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月影

Author:月影
日本のどこかでITサポートをやっています。・・・のはずだが、最近プリンターやら録音機やら「機械っぽいもの」全般を触るはめになっております。機械っぽいものって何じゃいよ。プライベート・仕事共に基本、富士通PCユーザーです。WindowsXPと7は使えます。根が関西なのでボケ突っ込み過多。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。