スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無線LANのセキュリティについて

これは職場であった事件。
これまでつながっていた無線LANがつながらなくなったという問い合わせ。
別にLAN回線関係の何かをした覚えはないんだけど・・・と思いながら工事をしてくれた業者と確認したらびっくり。

うちの会社は無線LANを使える環境にあるが、使うためには当然のことながら設定が必要
→でもユーザーは設定なんかした覚えはない
→うちの無線LANじゃない
→よそ様の無線LANがたまたま届いていたから使っていた

なんとまぁ・・・使えなくなったからいいものの、一体どこの誰がそんなフリースポットを放置していたのやら・・・いや、それ以前に設定もなしで無線LANが使えてたのに何の疑問も持たなかった人もどうかとry
あ、今回の記事はトラブル対応というより無線LANの説明みたいになってます。あいかわらず適当説明です。


まぁ、これは前置きで、本題は別にあります。
まずフリースポットって何?という方のための説明。

FREESPOTとは:FREESPOT・公衆無線LANスポットサービス

一部引用します。
『FREESPOTとは、無線LANでインターネットにアクセスできる環境をお客様に開放し、自由に使っていただけるエリア・サービスのことをいいます。』

要は無線LAN(インターネット)を使えるように自由に使えるアクセスポイントということです。
もっと簡単に言うと、無線LANが使えるPCを持ってフリースポットが届く場所に行けばインターネットにつなげられるということです。よくあるのはファーストフード店とか駅構内とか。
今回はこのフリースポットの電波がうちの職場まで届いていたということなんですね。

んが。
企業なりお店なりが設置したフリースポットなら問題ないのですが、たまにそうじゃないフリースポットもあります。
具体的にはノーセキュリティで無線LANを使っているアクセスポイントです。
これの何が困るって、さっき書いたとおり無線LAN内臓のパソコンを持っていけば誰でも使えるわけです。
こう言ってもピンとこない方もいるので、もっとリアリティのある言葉を使いましょう。

見知らぬ誰かに勝手にネットを使われ、その料金も支払わなければいけない事態になる可能性がある。
例えるならばクレジットカードを玄関に貼っておいて、誰でも使える状態になっている。
バイオで言うなら、せっかく集めたマグナムの弾を誰かに使われてラスボスで弾切れしてハンドガンでタイラントとタイマンするはめになる。ちなみに月影は弾はあるのにマグナムを忘れて、ナイフでタイラント戦に挑んでボコボコにされた思い出があります。

閑話休題。
ともあれこれはまずい。とてもまずい。

普通、無線LANを使う場合は最初の設定を業者に頼んだり、自分でやったりするのがほとんどです。
しかしごくまれにセキュリティが何もない無線LANもたまに見かけます。
何で知ってるかって、我が家でパソコンを開いて確認すると1つか2つはその電波が入ってくるんです。無線LANって制限かけてないと電波の届く範囲なら誰でも確認することができますので。

つまり、やろうと思えばノーセキュリティの無線LANを拝借することができるということ。

これを防ぐために無線LANにはセキュリティをかけることができます。
いろいろあるんだが、せっかくだからゲームのネット接続にもかけて説明しましょう。主な種類がこちら。

WEP
WPA/WPA2
IEEE802.11i

細かいことは参考HPにお任せするとして、ここでは超簡単お手軽説明にしておきましょう。というか俺も面倒くさry


WEP
一番お手軽な形式です。初代NintendoDS、DS Liteはこのセキュリティ方式じゃないとつながりません。我が家のセキュリティ形式、これかと思ったら新しいルーターはWPA2だったということについ先日気づいた阿呆はこちらです。そのうえDSLiteが姉さんに奪われたままだから、まぁいっかと放置決定。

WPA/WPA2
いっしょくたにしてしまいます。文字通りWPAの進化版がWPA2。
Nintendo DSiからこの方式に対応している・・・と思いきや、DSiが発売される前のソフトは対応していませんwww
つまりDSiでもソフトによってはWPA/WPA2だと接続できないという、なんとも中途半端な仕様。まぁソフトに入っているプログラムが対応しているかどうか、っていう問題だから仕方ないんですけどね。
ちなみにWPAとWPA2の主な違いは暗号化の方法です。WPAはTKIP、WPA2はAESに対応しています。細かい違い?レベルが高いか低いかだよ。(説明が適当すぎる)
さらにレベルアップしたのがWPA-PSK/WPA2-PSKです。受信側、送信側ともに共有の鍵を利用するので、手動設定が必須です。細かい違い?そんなもんこんな短いブログで説明できんよ。(丸投げ)

IEEE802.11i
WPAとWPA2の合間に出てきたセキュリティ規格。以上。


いろいろ探してみたけど、ゲーム機器のセキュリティ方式の表がなかったので書いてみます。

Nintendo DS→WEPのみ
Nintendo DS Lite→WEPのみ
Nintendo DSi→WEP、WPA、WPA2
Nintendo3DS→WEP、WPA、WPA2
Wii→WEP、WPA、WPA2
PSP(PlayStationPortable)→WEP、WPA
PSVita(PlayStationVita)→WEP、WPA、WPA2
PlayStation3→WEP、WPA、WPA2
Xbox 360→WEP、WPA、WPA2

参考HP
DSiのWPA対応がまるで意味を成していない件:大杉は萌えているか?
無線LAN基礎知識:Allied Telesis
モバイル機器・ゲーム機のWi-Fi、無線LAN規格(IEEE 802.11)、暗号化 - iPhone、iPod touch、DS、PSP など:MEMORVA
Wi-Fi設定:PlayStationVita ユーザーズガイド
WEP、WPA、TKIP、AES…いろいろありすぎて混乱させられる無線LANセキュリティ用語まとめ:bogus press 自宅セキュリティ研究所員の研究日誌
無線LANの規格は?:Wii
Xbox 360 でワイヤレス設定を構成するには:Microsoftサポート

一言言おう。わけわからん。

そんな冗談(?)はさておき、ゲームをネットにつなげるためにはルーターのセキュリティとゲームの設定を合わせなければいけないのです。
※2つのセキュリティを同時に使うことができるルーターもあります
まぁ基本的に初代DSとDSLite以外はWPA2に対応してるから、WPA2での接続が安心ですけどね。

で、このセキュリティがかかってない無線LANがあるって話だったっけ。もう長すぎて最初の話題忘れたよ。

最近のルーターは優秀なので、メーカーによってはボタン一発でばっちりセキュリティまでかけてくれます。なんてお手軽。
ですが環境によっては手動で設定しなければならず、よくわからない人が適当につなげてノーセキュリティ状態になってしまうこともあります。有線接続ならセキュリティ?何それおいしいの?状態でもいいんですが、無線接続は目に見えない分、制限をかけなければ誰でも使えてしまう。

このご時世、無線LANを使っていないという人の方が少ないです。
いろいろ複雑なのはあるにせよ、自分が使っている無線LANの設定ぐらいは知っておくことをおすすめします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月影

Author:月影
日本のどこかでITサポートをやっています。・・・のはずだが、最近プリンターやら録音機やら「機械っぽいもの」全般を触るはめになっております。機械っぽいものって何じゃいよ。プライベート・仕事共に基本、富士通PCユーザーです。WindowsXPと7は使えます。根が関西なのでボケ突っ込み過多。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。