スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Excelのシート見出しが表示されない マクロ編

前回の続き。Excel2007です。

1、シートが最大化しておらず、画面下にシート見出しが隠れて見えない
2、見出しが表示しきれないぐらい大量にあり、スクロールバーなどで隠れて見えない
3、ワークシートそのものが非表示になっている
4、オプションの設定でシートを表示しないようにしてある

以上の原因以外でシートが表示されない時。


謙也「ずいぶん引っ張ってんけど、一体どんな場合やねん?」

まぁこちらをご覧くださいよ。

エクセルのシート見出表示:教えて!goo

これのベストアンサーを引用させていただきますと・・・

メニュー[ツール]→[マクロ]→[VisualBasicEditor]でVBA画面を開き、左上の「プロジェクトエクスプローラ」に消えたシートの名前が表示されていれば、それをクリック。すると今度は左下の「プロパティ」で[Visible]という項目のドロップダウンリストを[-1- xlSheetVisible]に変更します。

謙也「・・・・は?

うん、その気持ちわかる。私も最初そんなんだった。
おまけにこの操作、質問の日時から見て(2007年1月1日)どうやらExcel2003らしい。

謙也「それはえぇとしても・・・何やねん、そのVisualBasicEditorのVisibleって・・・」

その前にマクロの説明だ。マクロの実践としてわかりやすいページがこちら。

なんでもExcelかんでもMacro:なんでもExcelかんでもMacro

図入りで超わかりやすいです。おすすめ。

めちゃくちゃざっくり適当にマクロを説明すると、特定の作業をボタン一発でできるようにする機能、ということだ。

謙也「ざっくりやなー・・・」

ざっくりです。
それはさておき

「そんなん知らんがな、とにかく説明せぇや」

という方のための解説。

1、開発タブからVisualBasicEditorを起動させる
開発タブ
これ。

ちなみに開発タブがない方はこちらを参照に表示させる設定にしてください。

[開発]タブを表示する、開発モードで実行する:Office.com
マクロ関係のリボン(開発タブ)を表示する:よねさんのWordとExcelの小部屋
個人的に下の方が図入りでわかりやすいです

謙也「ふぅん、そんで?」

2、表示させたいシートを左の欄から選ぶ
VisualBasicEditor

VisualBasicEditorを起動させるとこういう画面が出てくるので、左の欄にこのブックに含まれているすべてのシート名が表示されます。

謙也「つまりここにシート名がなければ、正真正銘そのシートはこのファイルに含まれていないってことやな」

逆説的に考えるとそうなるね。
その場合は抜かすとして、表示させたいシートを選択した状態で、次。

3、表示からプロパティウィンドウを選択する、もしくはF4を押す
ここからプロパティウィンドウを選択してクリックすると
VisualBasicEditorのプロパティウィンドウ

こんな表示になります。
プロパティを開くとこうなる

謙也「うぉっ!何やねん。これ」

ごめん。これは私にも説明できない。とりあえずマクロ関係のプロパティです。
はい、次。

4、Visibleの項目(一番下にあります)のドロップダウンリストを『-1 - xlSheetVisible』に変更する
Visibleリストダウン

謙也「どっかで聞いたことあるような・・・」

さっきのベストアンサーですよ。2003でも2007でも項目欄は変わりませんので。

謙也「あぁ!ここであれが出てきたんか!にしても・・・」

どしたん?

謙也「いやな、このリストの『-1 - xlSheetVisible』と『0 - xlSheetHidden』と『2 - xlSheetVeryHidden』ってどういう意味や?」

これは単純に和訳すればいい。

Visible→目に見える状態という意味の形容詞
Hidden→隠されたという意味の形容詞

ざっくり和訳をすると

xlSheetVisible→このシート目に見えまっせー
xlSheetHidden→このシート隠れてまっせー
xlSheetVeryHidden→このシート超隠れてまっせー

四天宝寺的に言うと
xlSheetVisible→名前も顔もしっかり登場する白石とか謙也とか師範とか以下略
xlSheetHidden→名前も顔も出てくるのにめちゃくちゃ影の薄い小石川
xlSheetVeryHidden→名前も顔も出てこないテニス部部員

謙也「適当!適当過ぎやろ!しかも結局わけわからんわ!ちゅーか小石川、別格!?」

まぁまぁまぁまぁナイス突っ込み。
具体的にどうなるのか、実験をしよう。

たとえば
Sheet1→『-1 - xlSheetVisible』
Sheet2→『0 - xlSheetHidden』
Sheet3→『2 - xlSheetVeryHidden』
の状態にします。

そうするとシート見出しは
検証その1
こうなる。

謙也「そらそうやな。Sheet2とSheet3は隠れてるんやから」

さて、ここからが違うんだ。
前回も紹介した

ワークシート見出しが表示されない:Office.com

のワークシートそのものが非表示になっている場合の解決方法から引用します。

『ワークシートを再表示するには、ワークシートで表示されている見出しを右クリックし、[再表示] をクリックします。[再表示] ダイアログ ボックスで、再表示するワークシートをクリックし、[OK] をクリックします。』

これをやってみると、[再表示] ダイアログ ボックスがこう表示されるんだ。
検証その2

謙也「再表示やから今、表示されてるSheet1はなくて、表示されてないSheet2があって・・・ん?Sheet3はどこにあるんや?」

これが『2 - xlSheetVeryHidden』の結果ですよ。
この状態だと[再表示] ダイアログ ボックスにすら表示されないんだ。

謙也「あぁ・・・そういうことなんか」

そういうことです。
こうなるとわざわざVisualBasicEditorを起動させてVisibleの項目を変更する必要が出てくるわけです。

謙也「はぁ~、そういうことか。やっと理解できたわ。なるほどな。で?」

で?

謙也「どうしてこんなことになんねん?」

う゛。きゅ、急に頭痛が・・・っ!

謙也「頭痛言いながら腹押さえんなや!(ハリセンでスパーンッ)」

あべしっ。突っ込み乙。
で、でもわかんないんだって!
だってマクロ使わない限りVisualBasicEditorなんて開かないし、普通に使ってりゃならないと思うんだけど・・・

謙也「それもそうやな。そんな簡単に設定が変更できるもんでもなさそうやし・・・」

一応ネットで調べてみましたが、マクロもしくはVisualBasicEditorを使わずに変更する手段はなさそうです。
そりゃそうだ。自分でわからないうちにこんなことされちゃ困るもんなぁ。

謙也「むしろ心当たりがある人は教えてくれっちゅー話やな」

そういうことです。はぁ、ここまで長かった。

謙也「いちいち検証してれば、そら長くもなるわ」

検証しないとスッキリしない性格なんで。IT関連の人はだいたいこんなもんだよ・・・たぶん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月影

Author:月影
日本のどこかでITサポートをやっています。・・・のはずだが、最近プリンターやら録音機やら「機械っぽいもの」全般を触るはめになっております。機械っぽいものって何じゃいよ。プライベート・仕事共に基本、富士通PCユーザーです。WindowsXPと7は使えます。根が関西なのでボケ突っ込み過多。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。